片山 征史(かたやま まさし)
企業概要
企 業 名山征工業有限会社
設立年月日1985年1月1日
所 在 地〒339-0061 さいたま市岩槻区岩槻5070
電   話048-756-6122
E - Mailyamasei2652@cyber.ocn.ne.jp
U R Lhttp://www.yamasei.ecnet.jp/
ごあいさつ

 PET容器の製造を行う場合、部分的に白濁(結晶化)する不良が発生することがありました。結晶化した部分の耐熱性が高いことにヒントを得て研究を進め、100%リサイクルPET素材を原料とした、200℃の耐熱性を持つ容器「エコメイト」の開発に成功し、特許を取得しました。
 リサイクルPET素材から作った食器を「環境教育」の一環として近隣の学校に提供したところ、「手に持っても熱くならないので食べやすい」という、意外な反応がありました。さらに、「耐衝撃性」「耐久性」「安全性」などにおいても、他の食器用素材より高い機能を持つことがわかりました。
 「エコメイト」は、100%リサイクルPET素材で出来ているため、使用後もPET資源として何回でも再生できます。現在、PET容器の再利用用途の大半は繊維やシートですが、食器という新たな用途を開発することで、再生率の向上に貢献できます。
 今回の受賞を機に、一企業として循環型社会に貢献し、更なる再生PET製品の開発研究を進めていきたいと考えております。

事業開始

2009年7月1日

事業概要

○回収・製造:さいたま市で回収されたPETボトル空き容器を、回収・洗浄し、100%リサイクルPET素材の食 器を製造します。

○販売・流通:販売会社、代理店を通じ、市内学校給食・介護施設・環境意識の高い企業のノベルティ等をメイン ターゲットとして販売します。

○原材料の供給に関しては、さいたま市内の回収事業者より、安定した供給を受ける事が可能です。

○当社はリサイクルPETの耐熱食器に関する製造特許を保有しており、現在100%リサイクルPET素材の耐熱食 器を製造しているのは、当社のみです。

ビジネスモデル

▲ TOP


石三 重則(いしみ しげのり)
企業概要
企 業 名株式会社イシミック
設立年月日2005年8月1日
所 在 地〒331-0053 さいたま市西区植田谷本108-3
電   話048-624-9824
E - Mailinfo@ishimic.co.jp
U R Lhttp://www.ishimic.co.jp
ごあいさつ

 潟Cシミックの母体の富士包装資材鰍ェ扱う包装用資材は、最後は燃やされCOを排出します。なんとか環境によい事業ができないかと考えていたときに、特殊断熱コーティング材料に巡り合い、当社の技術と組み合わせた「省エネビジネス」に進出しました。
 データー計測などお客様との二人三脚で、より効率的に省エネ・導入経費の償却を可能にする複合省エネシステムを開発。今回の事業プランは、真空セラミック断熱コーティングの技術をブラインドに応用した新製品事業です。本事業がCO削減・地球環境保全の一助となれば幸いです。

事業開始

2009年11月6日

事業概要

 これまで当社が培ってきた屋根や壁への特殊断熱コーティングの技術をブラインドに応用。真空セラミック断熱材をブラインドに超薄膜コーティングすることに成功しました。  従来の窓ガラス遮熱用フィルムやコーティング等では、熱割れのリスクがあるだけでなく、冬の暖かな陽射しまで遮ってしまいます。今回独自開発したブラインドは、これらの問題点を最小限にし、夏涼しく冬暖かい快適な空間が実現するだけでなく、より大きな省エネによるコスト削減が図れ、環境負荷の抑制にもつながります。

ビジネスモデル

▲ TOP


野添 拓郎(のぞえ たくろう)
企業概要
企 業 名有限会社花野井製作所
設立年月日1978年4月5日
所 在 地〒336-0961 さいたま市緑区玄蕃新田698-3
電   話048-878-5911
E - Mailhss-t@mta.biglobe.ne.jp
U R Lhttp://hananoi-ss.jp
ごあいさつ

 『自社内にある設備、ノウハウを活用して、自社ブランドを作り出したい。』
 この想いからスタートした今回の企画。これまで取引先からの受注という受身の仕事しかやったことのない我々にとって、かなりハードルの高いものでした。自社内を見つめ直し、専門家の方や周りの方々の意見を取り入れながらたどり着いた『木製削りだしスピーカーエンクロージャー』。自動車業界で培ったデザインモデル製作技術、金属以外なら何でも削る工作機械を駆使して、インテリア性の優れたスピーカーエンクロージャーが出来上がりました。嗜好性の強いオーディオ製品であるがゆえに、誰もが幸福感に満ち、その音風景を想像できるような音を提供できるシステムで聞いてもらいたいです。ユーザーの皆様に持つことの喜びが感じられる製品作りに取り組んでまいりたいと思います。

事業開始

2010年5月28日(予定)

事業概要

 スピーカーの性能を生かすためのエンクロージャー(ボックス)は、基本的な直方体を中心に市場に出回っていますが、音響工学的には卵型が理想といえます。そこで卵型の木製エンクロージャーを切削加工し、吸音材に頼らずに良質の音を再現。さらに、加工をデータ化することにより、安定した性能、製品化を確立し、リーズナブルなコストを実現。ターゲットは、ハイエンドオーディオ入門クラスの製品としての位置づけから、『団塊世代』『アラフォー世代』をイメージしています。また、商品コンセプトをキープしながらのイージーオーダーの製品の販売、長期間にわたって安心して性能を維持更新できるアフターサービスを事業のもう一つの柱とします。

ビジネスモデル

▲ TOP


相澤 周司(あいざわ しゅうじ)
企業概要
企 業 名株式会社ベルニクス
設立年月日1978年6月8日
所 在 地〒336-0024 さいたま市南区根岸5-7-8
電   話048-864-7733
E - Mailinfo@bellnix.co.jp
U R Lhttp://www.bellnix.co.jp
ごあいさつ

 弊社は3000品種もの少量多品種の製品を扱う電源メーカーです。
 これまでは、製品の在庫・受発注・入出荷状況を管理するのに、台帳や各担当者の勘や経験に依存していたため、お客様からの問合せに、迅速に対応することができませんでした。しかし、会社にとって重要な在庫、予算、案件の管理を台帳や人間の勘や経験で行うには限界があります。そこで、当社では、誰でも簡単に、いつでも最新情報を確認し、管理できる『見える化』システムを自社開発で構築し、これらの問題を解決しました。
 私は、中小企業の現場から生まれた営業管理ツール“営業の達人”−『営業現場に必要な情報を1画面で「すぐ見え、すぐ分かり、すぐお客様に回答が出せる」システム』を他の中小企業の皆様にお使い頂くことで、地元の皆様に貢献したいと考えております。“営業の達人”は、どなたでも気軽に導入できる価格で「儲かる会社づくり」をお手伝いします。どうぞ宜しくお願いします。

事業開始

2010年1月1日

事業概要

 営業管理ツール“営業の達人”は、製品仕込み、在庫確認、案件状況管理、予算作成、予算進捗管理、製造計画立案など人の勘に頼る部分を『見える化』します。つまり、営業現場の誰でも、的確に状況を把握し、必要な決断を瞬時に下せるようにします。

 営業管理ツール“営業の達人”は、元々社内向けに作成したシステムの為、
@使い勝手や正確性は実証済みです。
A社内にIT専任担当を置かなくても十分に運用できる設計です。

B10年間の開発ノウハウを生かし、カスタマイズも、ランニングコストも低廉に抑えます。

つまり、導入費用を含めたトータルコストの最小化を実現できるシステムです。

 営業管理ツール“営業の達人”は、同じ悩みを持つ中小メーカーのみならず、商社、小売など多くの業種の多様なニーズに応える救世主です。

ビジネスモデル

▲ TOP


蝦名 順子(えびな じゅんこ)
企業概要
企 業 名株式会社ジョイナス
設立年月日2009年12月22日
所 在 地〒331-0811 さいたま市北区吉野町1-433-7
電   話048-662-5137
E - MailJunko-tax@jcom.home.ne.jp
ごあいさつ

 私たちジョイナスの仲間達は当たり前に障がい者雇用がされる誇らしい社会を作るお手伝いをしたいという願いのもとに集まりました。今までこれらの問題は福祉や行政の範疇にゆだねられて来ましたが、私達は個人・企業そして社会全体が解決すべき問題ととらえています。現実に目を向けると、障がい者の雇用が義務付けられている企業の雇用率は目標にはまだまだ充分ではなく、また、企業は雇用後のさまざまな問題を解決しなくてはならない現状があります。就職を希望する障がい者自身も、就労に向けての準備が充分ではなく、守られた環境から就労に向けてどのような準備をしていったらいいのかがわからないという問題をかかえています。障がい者の障害に目を向けるのではなく、個々の生きる力と可能性、障がい者を雇用することのメリットに目を向け、問題解決のお手伝いをし、企業と障がい者をつなぐ役割を担っていければと思っております。

事業開始

2010年4月1日(予定)

事業概要

1.障がい者・保護者・支援者に対する研修事業

障がい者・保護者等に対し定期的な研修を行い、就労や社会的自立に関する事項の学習、就労の意義を学ぶ場づくり、心構えやノウハウを身につけていただきます。

2.資格取得事業

保護者(支援者)がワークサポート専門員として障がい者雇用の現場サポートができる資格の取得の支援をします。

3.障がい者雇用企業へのサポート事業

企業の求める人材と障がい者のマッチングを図る手伝いをし、障がい者雇用に係る助成金の活用のアドバイスと申請に関してのサポートを行います。
障がい者を雇用する企業に対し、ワークサポート専門員を定期的に派遣し、企業と障がい者双方の問題解決にあたります。

4.CSRコンサルティング事業

障がい者雇用支援事業を通じ、企業のボランティア活動の企画・サポートを行います。

ビジネスモデル

▲ TOP


佐藤 恵(さとう めぐみ)
企業概要
企 業 名ボイスクリエーションSucre
所 在 地〒330-0063 さいたま市浦和区高砂3-12-24
      小峰ビル5F  Mio埼玉県庁前
E - Mailmegumi@mgsucre.com
U R Lhttp://mgsucre.com
ごあいさつ

 通算13年間の海外駐在生活で痛感したのは、相手を気遣いながらも自分をしなやかに表現するコミュニケーションの大切さ。帰国後アナウンススクールで訓練を重ね卒業、ラジオ業界へ。放送・取材現場で駆使する話す・聞く・表現するスキルは話すプロだけのものではなく、「本来は日常生活のあらゆる場面で心地良い人間関係を構築するための重要なカギを握るはず」という思いが募り、起業準備をスタートしたのが、100年に一度の大嵐吹き荒む中、ちょうど一年前です。
 これから先二度と来ない“創業の年”にさいたま市ニュービジネス大賞奨励賞女性創業賞をいただけましたことを大変光栄に、そして誇りに思います。まだ日本社会では認知されていないボイス&プレゼンテーション分野の将来性に明かりを当ててくださいました審査員の皆様にお礼申し上げます。そしてわずかな可能性を信じてこのスタートラインまで導いてくださった沢山の皆様の親身なご指導・ご支援を心から感謝申し上げます。
 パソコンがなければ仕事も生活も成り立たないデジタル時代の真っただ中でも、ひととひとのつながりの源はアナログなface to faceのコミュニケーションです。「声の出し方・話し方・聞き方・表情・視線・姿勢(いわゆるノンバーバルコミュニケーション)」に対する意識が少し変わるだけで私たちの印象は大きく変わり、相手の心も大きく動きます。日本社会でも、その重要性が認識され始めています。ビジネス分野でも日常生活でも老若男女あらゆるシーンで、ボイス&プレゼンテーションスキルが潤滑油となって、しなやかなコミュニケーションを創出していけますよう貢献してまいりたいと存じます。さらなるご指導・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

事業開始

2009年4月17日

事業概要

 これまで日本では軽視されがちだった「声の出し方・話し方・聞き方・表情・視線・姿勢(いわゆるノンバーバルコミュニケーション)」の知られざる威力を見直し、心を掴むプレゼンテーション力&コミュニケーションスキルを効果的に活用して独自のプログラムをご提案します。

1)ビジネスコミュニケーション

プレゼンテ―ション力、ホスピタリティーの視点から徹底的にカスタマイズした企業内研修・コンサルタント、企業リーダーのブランド構築、学生・求職者向け就活面接対策

2)生活の質の向上を目指す女性・年配者のためのボイスステーション事業(地域のネットワーク構築)

声美人、女性チャレンジ、アンチエイジング、リフレッシュ、いきいきボイス

ビジネスモデル

▲ TOP


菩提寺 由美子(ぼだいじ ゆみこ)
企業概要
企 業 名彩の国ブランドフォーラム
所 在 地〒339-0068 さいたま市岩槻区並木2-5-2-802
電   話048-757‐2291
E - Mailkgpxd133yumiko0328@yahoo.co.jp
U R Lhttp://www.yokoso-saitama.com(予定)
ごあいさつ

 私の地元・埼玉県さいたま市岩槻区はひな人形の生産日本一です。現在でも変わらず昔ながらの伝統を守り、人々の幸せを祈って丹念に手作りする伝統工芸士の心に触れた時、是非とも後世まで「守りたい」と思いました。
 また、「さいたま市」には 観光的魅力(鉄道博物館 大宮盆栽村 埼玉スタジアム ジョン・レノンミュージアム 見沼田んぼ)、中国とのご縁(三蔵法師玄奘塔・節句文化)、伝統ある食文化(ウナギ・料亭)が存在します。
是非、国内観光客及び日本を訪れる外国人観光客へ「伝えたい」と願っていました。
 そこで、私が自ら所属する各種団体のイベントやさいたま市の伝統工芸を直接体験するイベント(人形制作・盆栽制作)を企画・運営することで、観光とイベントの両方で国内外からの観光客を呼び込める街・回数を重ねて訪れたい街にしたいと希望しておりました。
 偶然にも現在の勤務先で「観光事業者」とのご縁が有り、その人脈を活かし、さいたま市と「繋げたい」と事業プランを立案しました。

事業開始

2010年春(予定)

事業概要

@ さいたま市民による さいたま市を活用した イベント企画・日帰旅行・お土産品の企画 販売。

A さいたま市内観光の名所発掘、旅行企画立案、観光事業者へ旅行商品の販売。

B 国内外の観光客誘致 と 観光案内。

C セミナー 体験企画の運営。

D 伝統工芸品(雛人形)の啓蒙活動と販売支援。

E 各種お土産の企画・製造。(地酒と名物菓子・食品のコラボレーション)

F 各種お土産品の 観光バス車内販売。

G 各種お土産品の インターネット販売。

ビジネスモデル

▲ TOP