メニュー

ニュース

「課題解決型デジタル人材育成プログラム」のご案内

~データサイエンスによる経営課題解決ハンズオン~

データを活用することで、市場や顧客動向の分析・予測、効率的な業務プロセスの改善などが可能です。
また、データ駆動型の意思決定により、リスクを低減し、新たなビジネスチャンスを見つけることもできます。
本事業では、今後の企業経営に不可欠なデジタル人材育成について、AIモデリングとデータ活用の実践を通して支援します。

■プログラムの特徴
本事業は、集合研修形式によるインプットと個別企業の伴走支援による実践的なハンズオン支援の2本の柱で構成しています。これにより何となく理解した状況に留まらず、身に着けたスキルを実際に使えるスキルに向上させます。また事前準備としてe-Learningを受講することで、参加者のレベルに合わせたスキルアップが可能です。

■プログラムのゴール
プログラムのゴールは、自社の課題を抽出し整理するとともに、課題解決の手段として社内外のデータを活用して解決方法の提案と実践ができるスキルを習得することです。
本事業では、スキル習得まで単年度のプログラム終了後も継続したフォローアップ支援体制を構築しています。

■参加対象
 ・経営者又は経営幹部の方
 ・実務担当者(Pythonの基礎知識レベルがあると望ましい)
 (※経営者の方の、個別課題解決伴走支援における管理責任者としての関わりを求めます)
 (※「個社別課題解決伴走支援」を受ける前提として、e-Learning講座の「Pythonモデリングコース」受講又は同等レベルのスキルを持つ方の参加を推奨します)

■プログラム詳細
 ・ご案内チラシ
 ・補足説明資料

■参加申込
 ・募集企業数:7社(15程度/定員に達し次第募集締切り)
 ・募集締切:令和6年7月31日(水)まで
 ・参加費:1人1万円(税込み)
 ・研修場所:【集合研修】まるまるひがしにほん2階
       【伴走支援】参加企業内またはオンライン
 ・お申込み:こちらからお申込みください

■お問合せ先
公益財団法人さいたま市産業創造財団
事業企画課 担当:丸山
℡:048(851)6652
Mail:jigyo@sozo-saitama.or.jp